換気扇の異音の対策について

最近の換気扇というのは、昔とは異なっており、ハイレベルなものとなっています。簡単に取り外しを行うことができないということもあるので、異音が起こったとしても自分で修理をすることが困難となっていることが多いのです。だからこそ、専門業者に依頼をして対策を考えてもらう必要があります。あまりにも頻繁にトラブルが起きる場合には、専門業者に相談をし、交換をする方向も考えると良いです。異音の原因となっているものがどういうものなのか、ということも究明をしたほうが良いです。素人が安易に取りはずしを行ってしまうと、発火の原因となってしまったり、重大なトラブルが起きる原因となってしまうこともあるので、専門業者に任せたほうが安心をすることが出来るのです。だからこそ、相談できる業者を見つけておくことも大切なことなのです。


換気扇の異音に気づいたら

換気扇は長時間使用するものなので、故障も起こりやすい設備と言えます。オフィスや教室等に置いてある換気扇ならば比較的長く持ちますが、飲食店や工場に設置されているものは埃や熱、煙等の負荷がよりかかるために壊れやすいのです。この故障に早く気づくために有効なのが、換気扇の音に気を配ることです。ほぼ無音なのが一番なのですが、ドドドドやジジジジといった音がしてきたら故障を疑ってください。そういう音がした場合、モーターがおかしくなっていることが多いのです。放置しておけば、埃に引火して火災の原因にもなります。異音がした場合の手順は次のとおりです。異音がしたら、まずは換気扇のフィン等に取り付いている汚物を取り除いてください。それでも異音が止まらなかったら、モーターがおかしいと考えて修理業者を呼ぶか新しい換気扇を購入するのが良いです。たかが換気扇と考えず、早めの処置が結果として大惨事を防ぎます。


換気扇の異音、ファンの清掃で治る場合もあります。

どんなものでも故障は困ったもので、換気扇の異音も気になります。まず考えられることは、モーターの軸ブレです。これは、経年使用で中心がズレて起こる症状です。この場合は、本体の交換がおすすめです。特に、古い機器の場合などはモーターを交換するよりも本体を交換した方が安くて済むことが多いのでお得です。次いで考えられるのは、ファンへのゴミの付着ということがあります。ファンに付着したゴミが偏っていると、換気扇を作動させた時にかかる遠心力によって回転がブレるため、このような症状が起こるようです。この場合、ファンの清掃をしてゴミがあれば除去します。ファンを取り外して清掃するなど、ゴミを除去するだけで治る場合もあります。このような2つの点を考慮して、あるいは試すことで換気扇の異音の問題を解決して、快適に暮らしたいものです。、