段差解消機でバリアフリー

段差解消機とは、大きな段差を車椅子で昇り降り出来る機械です。玄関かまちや階段がある場所などで利用されています。簡易のエレベーターの様な形をしている物が一般的で椅子等は設置されていない為、階段昇降機とは区別されています。車椅子で段差を昇り降りする際はスロープも用いられますが、段差の10倍以上もの距離が必要とされています。その点段差解消機ならば、スロープを設置する事が出来ない場所でもバリアフリー化する事が可能です。また長いスロープで車椅子を動かすのは大変ですが、段差解消機があれば電動で昇降できる為お年寄りの方にもおすすめです。電動なので動きもスムーズで、乗っている方に不安を与えません。設置にはやはり資金やメンテナンスが必要となりますが、車椅子を使用されている方やご家族の負担が少しでも軽くなるよう多くの場所で設置が期待されます。

私がおすすめする段差解消機

私の実家には介護中のおばあちゃんがいます。腰が悪いので移動は車いすがほとんどなのですが段差解消機をつけたおかげで二階にも移動できるようになりました。車いすの移動では行ける場所が限られてきますのでとても不便なのですが段差解消機がついている場所ですと乗るだけで階段の上まで行くことができるのでおばあちゃんの気分も少し良いようで家族にも笑顔が戻ってきました。段差解消機にもいろいろな種類がありますが階段昇降機が一番便利だと感じます。街中や施設にもっと設置していただけたらおばあちゃんの行動範囲が広がりますので企業や市民に認知してもらいたいと思います。ホームセンターなので購入できる段差をフォローする道具もありますが大がかりな機会もいろいろな場所に導入していただきたいです。ショッピングモールにあると本当に助かります。

段差解消機を使用しよう

昔に比べてバリアフリーが進んできているものの、車いすを使用する人や介護する方にとってちょっとした段差でも大きな問題で、危険な状態となります。少しの段差でも引っ掛かり、行動範囲を狭くし外で過ごす自由を奪っていきます。そのような問題を解決し、自由に外出できるようになる為に必要な物が段差解消機です。例えば、自宅の出入りの時に玄関や縁側等に設置し使用する事により、かなりスムーズに出入りが出来ます。外出先でも、エレベーターが付いていれば良いのですが、階段のみの場合上に登ることが出来ません。そのような時に階段に設置してあれば車いすの方でも色々な場所に行くことが出来ます。身体の不自由な方でも、不自由でない方のようにストレスなく街中を自由に散策したり、交通機関を利用できるようにしていかなくてはいけないと思いました。